JRA来年の一部レースで払戻金に上乗せ 馬券投資情報

2007年11月20日

JRA来年の一部レースで払戻金に上乗せ

JRA来年の一部レースで払戻金に上乗せ


 JRAは19日、六本木事務所(東京都港区)で経営委員会を
開き、来年のダービー、有馬記念など4重賞を含む14レースで、
馬券全種類を対象に売り上げの5%相当を払戻金に上乗せする
ことが承認した。
2つのG1以外に1月5日の日刊スポーツ賞中山金杯、京都金杯の
2重賞と、有馬当日(12月28日)の中山、阪神、中京で行われる
特別10レースで実施される。
「JRAプレミアム」と命名されたこの制度の導入で、売り上げ増へ
期待がかかる。
今年のダービーを例にとると、優勝したウオッカの単勝は1050円
から1110円(プラス5・7%)に、3連単215万5760円は
230万1810円(プラス6・8%)になる。

 また、従来払戻金が購入額と同じだった「元返し」の100円が、
全競走の全馬券で解消。「JRAプラス10(テン)」として、
来年度のすべてのレース、投票法に対して行われる。
払戻金は最低でも110円となる。

(注=場合によっては払戻100円のケースもある)

【19日 日刊スポーツ】



少しの投資でクリスマスには、ちょっとしたボーナスになりますよ!


競馬予想

このニュースを見た時にJRAもとうとう売上げを確保するために
表まで動き始めたか… と思った。
JRAが売上げをキープする動きとして、ファンを少しでも増やす
ために優良ソフトの開発者へ奨励金のようなものを与え、代わり
に従来はシェアウェアだったソフトがフリーウェアになったのは
皆様もご存じだろう。このような動きは、少しでも多くの競馬
ファンを囲い込むための活動だといえる。
しかし、それだけではもの足りず? とうとう表に出てきて
ファンの獲得(売上げアップ作戦)に乗り出したという感じか。

しかし、「JRAプレミアム」に関しては、穴党の私としては
ありがたい動きである。なぜなら、通常は100円返しになる
レースが110円となることにより、多くの本命党ファンが再度
競馬へ大枚を投入する可能性が出てきたからだ。つまり、全体の
売上げが上がれば、必然的に穴馬券の配当も今より良くなると
いうことである。ですから、大いに本命党ファンの方の投資を
期待したいところである。

その他の競馬予想
posted by Koji at 13:07| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。